HOME > 外来について > その他の専門外来

外来について

その他の専門外来

当院では、以下の専門外来を行っています。

外来担当医がご予約をおとりしますので、最初に外来担当医による診察を受けてください。

  • ぶどう膜炎外来
  • 眼瞼外来(眼瞼下垂、眼瞼内反など)
  • 涙器外来(涙のう炎、鼻涙管閉塞など)
  • 角膜外来
  • ロービジョン外来
  • ロービジョン外来

    世界保健機構(WHO)は、「両眼に矯正眼鏡を装用して視力を測り、視力0.05以上0.3未満をロービジョン」と定義しています。しかし、視力だけでロービジョンは判定できません。視野や羞明(眩しさ)も重要なファクターとなります。日本にはロービジョンの明確な定義がなく、不便さを感じればロービジョンケアの対象と考えています。
    当院では、鶴岡三惠子医師が担当し、月2回の予約制で診療を行っております。

    ロービジョン外来の役割

    1. 視機能の評価
    2. 身体障害者手帳の申請、等級変更手続き
    3. 「目の相談室」との連携による、補助具の選定
    4. ソーシャルワーカー、患者会との連携

    page top

    専門外来受診の流れ

    1. 1. 最初に外来担当医の診察をお受けください。
    2. 2. 外来担当医から予約をおとりします。
    3. 3. 診察室、または診察受付にて、予約票をお渡しします。
    4. 4. 予約票に記載された日時にご来院ください。
    5. 5. 必要な検査の後、専門外来担当医の診察となります。

    page top