HOME > 外来について > 神経眼科外来

外来について

神経眼科外来

診察にあたって

視神経疾患(視神経炎、虚血性視神経症、レーベル病など)、複視(一つの物が二つに見える状態)、甲状腺眼症、重症筋無力症、眼球振盪(眼がゆれる)、原因不明の視力低下、眼瞼下垂、光視症(光がみえる)、眼痛頭痛、眼精疲労などを扱います。また、最近は、眼瞼けいれん、顔面けいれんの治療に力を入れています。

顔面けいれんは、片側のまぶたや頬がピクピクする病気です。眼瞼けいれんは目の開け閉めがうまくいかなくなる病気で、目をつぶっていたい、 まぶしい、瞬きが多くなるといった初期症状から、目をつぶったままになってしまう重症のものまである難治な病気です。ボツリヌス毒(ボトックス)による治療や、手術、薬物治療を行います。

神経眼科とは、網膜から脳までの視覚系、眼球運動や瞳孔の病気を扱う専門領域です。

page top