HOME > お茶の水・井上眼科クリニックの5つのひみつ > ユニバーサルデザイン

お茶の水・井上眼科クリニックの5つのひみつ

ユニバーサルデザイン

ユニバーサルデザイン

右ききの人、左ききの人、背の高い人、低い人、やせている人、太っている人、女の人、男の人、こども、お年寄り…、人はみんな少しずつ違います。「モノ・空間・サービス」をなるべく多くの人たちに使いやすくしていくのがユニバーサルデザインの考え方です。

お茶の水・井上眼科クリニックは、眼科クリニックですので、目の見づらい人たちが大勢来院します。お年寄りや、赤ちゃん連れの人や、車椅子を使う人もいます。

お茶の水・井上眼科クリニックでは、来院される方々に対するホスピタリティ(もてなし)を向上させるために、ユニバーサルデザインを取り入れました。その空間作りのさまざまな工夫を「5つのひみつ」と題して紹介していますので、どうぞご覧ください。

page top