よくあるご質問

受診

初診の場合に、紹介状は必要ですか。
紹介状がなくても受診は可能ですが、他の医療機関からの紹介状があればご持参ください。
急に目の具合が悪くなりました。予約外でも診療してもらえますか。
診療時間内であれば、急なご来院でもお受けしますので、当院へお電話の上、ご来院ください。
予約の状況により、お待ちいただく場合がございますので、ご了承ください。
TEL:03-3295-0923
インターネットでの予約は可能ですか?
お茶の水・井上眼科クリニックでは、初診で一般眼科外来を受診される方はWEB予約が可能です。
紹介状をお持ちの方、15歳以下の小児眼科外来を受診される方はお電話にてご予約ください。
予約した日時の都合が悪くなりました。変更はどうすればいいですか?
下記の予約専用電話へお電話ください。
TEL:03-3295-0923
初診ですが、どのくらい時間がかかりますか?
疾患や病状、混雑状況などによって差はありますが、初診の場合、受付から診察終了まで4時間程度を目安にされてください。
他科と比較して時間がかかりますが、眼科の特殊性ゆえ、ご理解いただけますようお願い申し上げます。
診察終了時間を指定される場合でも、混雑状況によりご希望に沿えないことが多くございます。
医療機関のかけ持ち受診や、列車・航空機などの乗車など、受診後にご予定がある方は特に充分な余裕をみてご予約をおとりください。
受診する際に気をつけることはありますか?
目の中をくわしく調べるために、ひとみを開く目薬(散瞳剤)を使用することがあります。散瞳剤をつけると4~6時間は乗り物(車・バイク・自転車)の運転はできなくなりますので、ご注意ください。
また、コンタクトレンズをお使いの方はレンズケース(使い捨てレンズの方は替えのコンタクトレンズ)をお持ちください。
現在、他院に通院中ですが、診療内容に不安があり、こちらでのセカンドオピニオンを希望しています。
可能です。通院中の病院の診療情報提供書(所見・検査結果)をお持ちください。
診療情報提供書をお持ちでない場合も当院で診察を受けていただけますので、お気軽にご相談ください。
また、当院受診中の患者さまが他の施設でのセカンドオピニオンを希望される場合は、診療情報提供書を発行しますので、遠慮なく主治医にお申し出ください。
美容整形後の目の違和感(腫張など)で受診したいのですが。
美容整形後のトラブルにつきましては、厚生局の指導につき保険診療を行うことができません。
当院では保険診療・自由診療ともにお断りしております。
日本語が話せない外国人の受診は可能ですか?
英語での対応はしておりますが、対応できる医師・スタッフが不在の場合もございます。
日本語の通訳の方とご一緒にご来院されることをお勧めしております。
専用駐車場はありますか?
当院の専用駐車場はございませんが、新お茶の水ビルディングの地上・地下駐車場が利用可能です(有料)。
駐輪場はありますか?
ございません。自転車でのご来院はご遠慮くださいますようお願いいたします。
会計時に、クレジットカードは使えますか?
ご利用いただけます。お支払いは現金または各種デビットカード、クレジットカードでお受けしております。
【ご使用可能なクレジットカード】VISA、MasterCard、JCB、Amex、Diners
診察時に聞けなかった質問があるので、メールで質問を受けてもらえませんか?
検査、診察をしてみないとお答え出来ないことが多いので、ご来院したうえで直接、担当医におたずねください。
緊急の場合は、当院までお電話ください。その際、お手元に診察券をご用意ください。
入院中のことについてお伺いしたいのですが。
当クリニックは、外来専門のため、入院施設である井上眼科病院のホームページをご覧ください。
入院のページへリンク

小児

何歳から視力が測れますか?
自覚的なお答えが得られるのは3歳前後からですが、自覚的なお答えが出来なくても視力検査は出来ます。
縞視力(乳児用)・絵視力(幼児用)・一般的なランドルト環による視力(幼児期以降用)など乳幼児から児童まで、年齢にあわせた視力検査を行います。
子どもの目がまっすぐ向かないことがありますが、様子をみてもいいですか?
片方の目の視線がずれている状態を斜視といいます。いつも同じ目が斜視になっている場合は真っ直ぐ物を見ていない目は視力が発達しません。
また、遠視や目の病気が斜視の原因となっていることもあります。もし目のずれを発見された場合は早めに受診してください。
初診時には「目のずれはいつからか」・「どっちの目がずれるか」・「目のずれの程度に変化があるか」などを伺います。
よく分からなくてもお顔が正面を向いていて目の位置がわかる写真がありましたら参考になりますので、ご持参ください。
子供が近視で眼鏡をかけていますが、度を強くすると近視は進みますか?
近視は体の成長に伴って進みますが、進行には個人差があります。
適正な度数であれば眼鏡の度を強めたからといって近視が進むことはありません。
子どもは調節力(目のピントを合わせる力)が強いため、近視の度数が実際よりも強く出ることがあります。
過矯正(強すぎる眼鏡)は目に良くないので、正確な検査が必要です。
近視抑制の効果があると言われているオルソケラトロジーの検査もできます。 
小児外来ではどのような検査を行いますか?
お子さまの症状についてお話を伺う「問診」の後、「近視・遠視・乱視などの目の度数の測定」、「視力検査」、「眼位(目の位置)・眼球運動(色々な方向を見たときの目の動き)」などの必要な検査を行います。
自覚的なお答えが出来ない乳幼児でも年齢に合わせた検査を行いますので、気になることがありましたらまずは受診なさってください。 
小児外来は何歳まで受診できますか?
生後間もないお子さまから15歳までのお子さまを対象としています。
16歳以上になったら、引き続き一般外来を受診していただけます。(16歳以上でもご本人やご家族のご希望があれば小児外来の受診が可能です。) 
小児眼科専門の先生に診てもらえますか?
当院では小児眼科を専門とした医師により診察を行っています。
また検査は国家資格を有する視能訓練士が行っています。 
色覚検査はおこなっていますか?
行っています。色覚について気になることがありましたらご相談ください。
学校検診で指摘を受けた場合は、書類をご持参ください。 
小児眼科手術はおこなっていますか?
斜視、逆さまつ毛は症例によっては手術が必要な場合があります。斜視や、眼瞼内反(逆さまつ毛)の手術を経験豊富な医師が行っています。
手術は基本的に全身麻酔で行います。入院期間は2泊3日です。
乳幼児(0~6歳)の受診は可能でしょうか。
可能です。当院の小児眼科外来では、乳幼児からお子さまの年齢や発達に応じた検査・診察を行っています。
お茶の水・井上眼科クリニック(東京・千代田区)| 白内障 緑内障