網膜硝子体外来

診察にあたって

網膜とは、カメラで例えるとフィルムの部分にあたります。網膜に障害が起きると視力低下の他に、物が歪んで見える、視野が欠損して見える、飛蚊症(蚊が飛んで見える)などの症状が起きます。網膜硝子体外来は、網膜剥離や加齢黄斑変性、黄斑上膜、増殖糖尿病網膜症などの網膜硝子体疾患に対して治療、診察を行います。

当クリニックでは、患者さまの症状に合わせて適切な治療を総合的に判断し行うため、網膜硝子体を専門とする医師が診察と手術を担当しています。抗VEGF薬硝子体注射が適応の患者さまは、すぐに治療を行えるよう、即日対応しています。
硝子体手術は大きな病院での入院手術が一般的ですが、当クリニックでは日帰り手術も可能です。また、井上眼科病院や、西葛西・井上眼科病院と連携し、入院や重症例の場合でも安心して治療に当たっていただけます。

一般眼科・専門外来