小児眼科外来

診察にあたって

近視、遠視、乱視などの屈折異常のほか、眼鏡などの矯正を行っても視力が出にくい弱視、放置すると視力や両眼で見る機能が侵される斜視の治療や管理を得意としています。
先天眼振(生まれつき勝手に目がゆれ、視力が悪かったり、斜頚の原因となる)や先天白内障(生まれつき水晶体が濁っていて視力の発達が障害される)など、その他の先天性疾患なども扱います。
小児は視機能の発達の重要な時期ですが、成人のように信頼できるデータがなかなか得られません。そこで、視能訓練士という国家資格を有する専門スタッフが充分時間をかけて、丁寧に対応します。
乳幼児健診、学校健診後の詳しい検査・診療などもお受けしています。

※15歳以下の方の受診は保護者同伴でお願いしております。

  • 既往歴・アレルギー歴・内服薬などを、お聞きする場合があります。
  • 検査・処置等には、保護者の方の同意が必要な場合があります。
  • 診療の方針を決定する際、保護者の方の判断や同意が必要な場合 があります。
  • 眼鏡処方箋・薬処方箋は、保護者不在の場合は発行できません。

一般眼科・専門外来