白内障

白内障

白内障とは

  • 白内障とは、ひとみ(瞳孔)のうしろにある水晶体(カメラのレンズに相当するもの)が白く濁ってくる病気です。
  • 濁りが増すにつれて視力は少しずつ低下していきます。
  • 水晶体が濁る主な原因は加齢によるものですが、その他の原因としてアトピー性皮膚炎、外傷、糖尿病などが挙げられます。

白内障の症状

  • 本などを読んでいると眼が疲れる、人の顔がぼんやりとかすむ、眼鏡をかけてもはっきり見えない、こういった症状が白内障の始まりです。
  • 病気が進行すると視力が次第に低下し、ものがはっきりと見えなくなってきます。
  • 濁りの進み方は人によってまちまちで、比較的早く進行する場合もあれば、ほとんど進行しないこともあります。

白内障の治療について

  • 白内障の初期には点眼薬などを用いて治療をします。
    点眼薬治療はあくまでも進行を遅らせることが目的で、治療によって視力が回復したり、進行を止めることはできません。
    よって白内障に対する根治的治療は手術となります。

診察を受けられる施設

  • お茶の水・井上眼科クリニック
  • 西葛西・井上眼科病院
  • 大宮・井上眼科クリニック

 

眼科ドックお問い合わせ

眼の病気の早期発見や予防のために自覚症状が無くても、年に1回程度、定期的に受けることをお勧めします。

眼疾患の早期発見・予防のために眼科ドック


眼のトラブル