小児眼科外来

診察にあたって

小児眼科外来では、新生児より種々の眼疾患を専門的に診断し治療にあたっています。
最も多く見られるのは、近視、遠視、乱視などの屈折異常、そしてそれによる弱視、または内斜視、外斜視などの眼位異常です。
小児は視機能発達の重要な時期です。診療するに当たり最も重要なことは、早期発見、早期治療であり、治療開始時期が早ければ早いほど、最終的に良好な治療結果が得られます。
小児眼科外来の目的はこのような屈折異常、眼位異常を有する患者さまに対して、できるだけ早く正確な診断をして、適切な治療を行うことですが、小児は成人のように信頼できるデータがなかなか得られないこともあります。そこで、視能訓練士という国家資格を有する専門スタッフが充分時間をかけて、丁寧に対応しています。

当院では、小児専門の待合室・検査室・診察室を設けており、季節のディスプレイなど、お子さまに診療を受けていただきやすい雰囲気づくりをし、少しでもお子さまの心の負担を軽くするよう、配慮しております。

受診について