ぶどう膜炎

ぶどう膜とは

  • ぶどう膜とは「虹彩」、「毛様体」、「脈絡膜」の三つの組織をまとめた呼び方です。
  • 「虹彩」は日本人では茶目の部分でカメラの絞りのように広がったり縮んだりすることで眼に入る光の量を調節しています。
  • 「毛様体」は虹彩の後ろにあり房水という眼の中を循環している水を作ることによって眼の圧を一定に保っています。
  • 「脈絡膜」は血管に富んだ組織で、網膜に栄養を与えています。

ぶどう膜炎とは

  • ぶどう膜(虹彩、毛様体、脈絡膜)に起こる炎症がぶどう膜炎です。原因は感染によるものと、免疫異常によるものとに分けられます。
  • 感染によるものは、細菌、真菌(かび)、ウイルス、寄生虫などによって引き起こされます。
  • 免疫異常によるものはベーチェット病やサルコイドーシス、原田病がありますが、全身疾患の症状として出てくることも多いため、全身の詳しい検査をして、全身の病気が隠れていないかどうか調べなければなりません。
  • しかし、原因がよく分からないものも多く、確定診断できるのは半分くらいです。

ぶどう膜炎の症状

  • 結膜(白目)が充血する、眼が痛い、まぶしい、かすむ、眼の前に黒い影が見える(飛蚊症)、ものが見えにくいといった症状が現れます。

ぶどう膜炎の検査と治療について

  • 眼底検査を含む一般的な眼科の検査のほか、造影剤を注射して眼底の写真を撮る蛍光眼底造影検査や血液検査、胸部レントゲン、ツベルクリン反応を行う場合もあります。
  • ぶどう膜炎はさまざまな原因で起こるため、治療方法もさまざまです。
  • 局所治療としては、ステロイドの点眼や注射が行われます。
    また、散眼薬(瞳を大きく開く薬)を点眼して虹彩が癒着するのを防ぎ、虹彩・毛様体のうっ血を解消し、安静を保って痛みを和らげるようにします。
  • 眼の奥の炎症が強い場合はステロイドの点滴や内服、または免疫抑制剤の内服が行われます。
    ステロイドは炎症を抑える強力な作用を持つ薬ですが、副作用も多く、使用にあたっては十分な注意が必要です。
    具体的には、胃潰瘍、免疫力低下による易感染性(感染症にかかりやすくなること)、骨粗しょう症、高血糖・糖尿病の悪化、体重増加、顔が丸くなる、白内障、緑内障などがあげられます。症状の改善に伴い徐々に量を減らしていくので、治療は長期にわたります。
  • 自覚症状が改善したからといって、自己判断で急激に薬の量を減らしたり中止したりすると、かえって炎症を再燃させ長引かせることがあるので、注意しましょう。

診察を受けられる施設

  • お茶の水・井上眼科クリニック
  • 西葛西・井上眼科病院
  • 大宮・井上眼科クリニック
眼のトラブル