斜視

斜視

斜視とは

  • 物を見ようとするときに、片目は正面を向いていても、もう片目が違う方向を向いてしまう状態を斜視といいます。

  • 外にずれる外斜視、内にずれる内斜視のほか、上下の斜視もあります。

  • 成人の場合は、子供の頃からあった斜視が目立つようになった場合の他、目を動かす筋肉の異常や眼球自体の病気、脳や全身の病気などが隠れていることもあります。特に、急に斜視の症状が現れた際には、脳や全身の病気のことがあります。

斜視の症状

複視(両目で見たときに1つのものが2つに見えるが、片目で見ると1つに見える)、奥行きが分かりにくい、目の位置が外見的に気になる。

斜視の治療について

  • 斜視の原因と種類により、治療方針が異なります。
  • 疾患が隠れている場合にはその疾患の治療が優先されます。
  • 複視の改善には、プリズム眼鏡という光を曲げる眼鏡を用いることもあります。
  • 斜視の程度と種類により、手術適応になることがあります。

診察を受けられる施設

  • お茶の水・井上眼科クリニック
  • 西葛西・井上眼科病院
  • 大宮・井上眼科クリニック

 

眼科ドックお問い合わせ

眼の病気の早期発見や予防のために自覚症状が無くても、40歳を過ぎたら年に1回程度、定期的に眼科ドックを受けることをお勧めします。

眼疾患の早期発見・予防のために眼科ドック


眼のトラブル