さかさまつ毛

さかさまつ毛とは

  • 上または下の睫毛が眼球の表面に触れる症状です。特にこどものまぶたは厚いため、さかさまつげになりやすいと言われています

さかさまつ毛の症状

  • 上または下の睫毛が眼球の表面に触れている、まぶしがっている、涙の量が多い、まばたきが多い、目が充血しやすい、異物感、視力がでにくい。

さかさまつ毛の治療について

  • 赤ちゃんの頃は睫毛が柔らかいので、睫毛が眼球にあたっていても傷や炎症は起きにくいので、しばらく経過を見ることが普通です。
  • 3、4歳になると成長とともに瞼が薄くなり、睫毛も自然と外側を向くようになります。この時期に睫毛が眼球に当たっていると、赤ちゃんのときよりも睫毛が固くなっているので、眼球の表面を傷つけることがあります。
  • 状態次第で異なりますが、就学以降改善しないときには、睫毛を外側に向ける手術を行ないます。小さな切開で、睫毛を外向きにする埋没法、皮膚をしっかり縫合して睫毛を外向きにする切除法などがあります。

 

さかさ睫毛をそのまま放置していると眼球の傷が慢性化し、角膜乱視などの視力低下を招く場合があります。

睫毛の異常を感じたら早めに眼科を受診することが大切です。

診察を受けられる施設

  • お茶の水・井上眼科クリニック
  • 西葛西・井上眼科病院
  • 大宮・井上眼科クリニック

こどもの眼のトラブル