緑内障

緑内障

緑内障とは

  • 眼の中の前房と後房は房水と呼ばれる水で満たされており、毎日一定量の新しい房水が眼の中の毛様体で産生されます。房水とは後房から前房へ、循環したのちに隅角(房水の排水口)を通り、シュレム管(房水の排水管)から排出します。房水によって眼球は一定の硬さ(眼圧)を保っています。
  • 緑内障とは、眼圧(眼内の水圧)の上昇により視神経が圧迫され、徐々に失われる病気です。視神経が失われると次第に視野(見える範囲)が狭くなり、放置するとやがては視力も低下し、さらには失明にいたります。

緑内障の病型

①原発閉塞隅角緑内障

房水の排水口である隅角が狭く、ふさがることにより房水の循環、排出ができなくなり眼圧が上がる病気です。ゆっくりと病気が進行する慢性型と、突然、急激に眼圧が上がり激しい症状(眼の痛み、頭痛、充血、嘔気、嘔吐など)が出現する急性型があります。

②原発開放隅角緑内障

房水の排水口は広いが、その排水部分がふさがり、排出ができなくなり眼圧があがる病気です。多くは40歳以上で発病します。

③正常眼圧緑内障

眼圧の基準値は10~21mmHgです。開放隅角緑内障のうち眼圧が基準値以内なのに視神経が耐えることができずに障害されてしまう正常眼圧緑内障があり、日本人では最も多く、緑内障の約70%を占めます。

④続発緑内障

他の目の疾患による眼圧上昇や、ステロイド剤などの薬剤などによる眼圧があがる緑内障です。

緑内障の治療について

  • 眼圧の程度によりますが、初めは点眼薬で眼圧のコントロールをします。それでも下がらないときは内服薬を処方します。
  • 開放隅角緑内障は、薬物療法で効果がない場合はレーザー治療を行います。ふさがっている部分にレーザーを当てて房水の流れを改善する治療で外来での治療が可能です。

  • 薬物療法やレーザー治療によっても眼圧が充分下がらないとき、あるいは眼圧がある程度下がっていても視野の悪化が止められないときに手術をします。
  • 手術をしても視力や視野は回復しませんので、早期発見、継続治療が大切です。

診察を受けられる施設

  • お茶の水・井上眼科クリニック
  • 西葛西・井上眼科病院
  • 大宮・井上眼科クリニック

 

眼科ドックお問い合わせ

緑内障は早期発見が何よりも大切です。失った視野は元に戻らないため、自覚症状の出る前に発見することが重要です。
当院では早期発見・治療のため眼に特化した「眼科ドック」をおこなっています。
40歳を超えたら年に1回程度、定期的に眼科ドックを受けることをお勧めします。

眼疾患の早期発見・予防のために眼科ドック


眼のトラブル