飛蚊症

飛蚊症

飛蚊症とは

  • 視野に浮遊物、糸くずのような黒い細長い虫のようなものが見える症状です。治療の必要がない生理的飛蚊症と、病気によって飛蚊症に似た症状があり、後者は注意が必要です。

飛蚊症の症状

  • 黒い点や虫、薄い雲やリング状のものが見えます。目を動かすとその物体も同じ方向に動きます。

飛蚊症の原因

①生理的飛蚊症

  • 眼の硝子体の中にある線維や細胞が影となってうつり、見えるものです。
    (後部硝子体剥離…加齢とともに硝子体がしぼみ、一部にしわが出来、硝子体と網膜の間に隙間ができます。その剥がれた部分が黒い点として見えることがあります)

②病気による飛蚊症

網膜剥離

  • 眼底から網膜が剥がれる症状です。網膜剥離は自覚症状では気づきませんが、前兆として飛蚊症のような症状が出ることがあります。

硝子体出血

  • 硝子体に出血があり、その出血の濁りが飛蚊症として現れるものです。出血が重度の場合、硝子体手術が必要となることがあります。

ぶどう膜炎

  • 網膜の外側のぶどう膜に炎症が起き、飛蚊症の症状が現れることがあります。

飛蚊症のような症状を感じたら、一度眼科で検査を受けることが大切です。生理的なものだと自己判断せず、飛蚊症がひどくなったと感じたら早めに眼科を受診してください。

診察を受けられる施設

  • お茶の水・井上眼科クリニック
  • 西葛西・井上眼科病院
  • 大宮・井上眼科クリニック

 

眼科ドックお問い合わせ

眼の病気の早期発見や予防のために自覚症状が無くても、40歳を過ぎたら年に1回程度、定期的に眼科ドックを受けることをお勧めします。

眼疾患の早期発見・予防のために眼科ドック


眼のトラブル