ドライアイ

ドライアイとは

  • 目の表面を守る涙の層が安定せず涙の量が少なくなったり、涙の油成分の分泌減少により目が乾いたり、表面に傷がつく症状です。
  • シェーグレン症候群などの病気や、薬の副作用でもドライアイを引き起こすことがあります。
ドライアイ(正常)
ドライアイ(正常)
ドライアイ(異常)
ドライアイ(異常)

ドライアイの症状

  • 目が疲れやすい、かすんで見える、目がごろごろする、目が乾く

ドライアイの治療について

  • 軽度の場合は、人工涙液点眼、ヒアルロン酸点眼、ムチン(粘膜表面のねばねば成分)や、涙液の水分の分泌を増やす点眼薬による治療をおこないます。
  • 重度になると、涙が鼻に流れる部分にシリコン製の小さい蓋(プラグ)をして涙をたまりやすくするか、その部分を焼いてふさぐ治療を行います。
  • 涙の油成分を分泌している皮脂腺が詰まりかかっている場合は、瞼の縁のクリーニング、瞼を温めてのマッサージ、炎症をおさえる点眼薬での治療をおこないます。

ドライアイ予防法

①テレビ、パソコン、スマートフォンなどは、画面を凝視しがちで瞬きの回数が減り、涙の蒸発が増える傾向にあります。意識して瞬きの回数を増やすようにしてください。
②乾燥しないよう、加湿器を使う
③コンタクトレンズの使用もドライアイには影響を及ぼすので、目の周りの湿度をあげるためにも眼鏡を時々使用する
④眼の洗いすぎは乾燥を招きます。ゴミが入ったときなど緊急時のみにしてください。

  • ドライアイを自覚していても、眼科を受診しない方は多くいます。ドライアイは悪化すると目の表面だけではなく、角膜や結膜に影響を及ぼすこともあります。
  • 目が疲れやすい、目が乾くと感じたら、定期的に眼科を受診することが大切です。

診察を受けられる施設

  • お茶の水・井上眼科クリニック
  • 西葛西・井上眼科病院
  • 大宮・井上眼科クリニック

 

眼科ドックお問い合わせ

眼の病気の早期発見や予防のために自覚症状が無くても、40歳を過ぎたら年に1回程度、定期的に眼科ドックを受けることをお勧めします。

眼疾患の早期発見・予防のために眼科ドック


眼のトラブル