結膜炎

結膜炎

結膜炎とは

  • 結膜炎とは、まぶたの裏側と眼球の白目をおおっている結膜に炎症が起こる症状です。感染やアレルギーなどの炎症がおきやすい箇所です。

結膜炎の症状

目が充血する、目やにが出る、目がごろごろする、かゆい、涙がでる

結膜炎の治療について

①感染による結膜炎

ウイルス性結膜炎

  • 結膜炎を起こすウイルスによって炎症を起こした状態で、二次感染、炎症を抑えるため抗菌剤、抗炎症剤の点眼を使用します。
  • 流行性角膜炎は非常に感染しやすい結膜炎です。

細菌性結膜炎

  • 細菌感染によって炎症を起こした状態です。
  • 抗菌点眼薬を使用します。

②感染はしない結膜炎

アレルギー性結膜炎

  • 異物が体内に入り込むときに、免疫機能が敏感に反応する状態です。
  • 花粉やカビ、ダニ、特定の食べ物などがアレルギーを引き起こします。
  • アレルギーの炎症を抑える抗アレルギー剤やステロイド点眼薬などを使用します。

普段から以下のことを気をつけ、結膜炎を防ぎましょう。

結膜炎の予防法

①目をこすらない、触らない

②手を頻繁に洗う

③目薬がまつげに付かないようにする

④感染症の場合はコンタクトを中止する。

結膜炎は後遺症や合併症を引き起こす可能性があるので、自己判断で点眼をやめたりせず、眼科医の指示のもと治療を続けることが大切です。

診察を受けられる施設

  • お茶の水・井上眼科クリニック
  • 西葛西・井上眼科病院
  • 大宮・井上眼科クリニック

 

眼科ドックお問い合わせ

眼の病気の早期発見や予防のために自覚症状が無くても、40歳を過ぎたら年に1回程度、定期的に眼科ドックを受けることをお勧めします。

眼疾患の早期発見・予防のために眼科ドック


眼のトラブル