色覚異常

色覚異常とは

  • 色覚とは色を識別する感覚のことです。目に光が入ると、網膜の中にある光を識別する視細胞が応答し、視神経を伝わって色を識別することができます。
  • 色は「光の三原色」の赤、青、緑の三つの光の組み合わせで作られています。色を感じる視細胞(錐体)も3種類で、赤色に敏感な視細胞、青色に敏感な視細胞、緑色に敏感な視細胞があります。
  • 色覚異常とは、この視細胞のうちのどれかの機能に異常があり、色が識別しにくくなる状態です。
  • 色覚異常には先天性と後天性があります。
  • 先天性は遺伝によるものですが、色覚以外の視機能には問題がないことがわかっています。
  • 後天性は緑内障や網膜の病気などによって、症状として現れます。色覚以外の視機能に異常が出たり、色の見え方が状態によって変わることがあります。
  • このページでは先天性の色覚異常について説明します。
  • 先天性の色覚異常は日本人男性の20人に1人、日本人女性の500人に一人といわれており、決してまれな疾患ではなくありふれた存在で、また色覚異常が悪化することもありません。

色覚異常の症状

区別がつきづらい色
区別がつきづらい色
  • 色覚異常というと、全てのものがモノクロで見えると思われますがそうではありません。
  • 「区別がつきづらい色がある」という症状です。

  • 色覚異常には数種類あり、種類によって見え方が異なります。

  1型色覚:赤に敏感な視機能に異常がある
  2型色覚:緑に敏感な視機能に異常がある
  3型色覚:青に敏感な視機能に異常がある

色覚異常の検査について

  • 先天性の色覚異常の場合、治療によって改善することはありません。
  • 先天性の色覚異常は自覚しにくい場合が多いため、検査によって自分自身がどのような色覚の異常を持っているかを知ることが大切です。
  • 色覚検査表やパネルD-15という検査によって、色覚異常の有無や、日常生活で色の識別に問題がないかどうかを調べます。

 

見づらい色、区別がつきづらい色は個人でことなります。
有効治療法は残念ながらありませんが、多くの場合、日常生活に困ることはなく、学校や社会でみんなが見やすい色環境いついて見直しが行われています。
職場の選択にあたっては、パイロット・自衛官・警察官などで制限を受ける場合があります。
眼科を受診し、検査を受けることで区別がつきづらい色の傾向を自身で知っておくことが大切です。

診察を受けられる施設

  • お茶の水・井上眼科クリニック
  • 西葛西・井上眼科病院
  • 大宮・井上眼科クリニック

眼のトラブル