眼精疲労

眼精疲労

眼精疲労とは

  • 「眼疲労」は休めば回復します。
  • しかし、症状が頑固に続いたり体にも影響が出てくるような病的な疲れは「眼精疲労」といい、単なる疲れ目とは区別されています。

眼精疲労の症状

  • 目の症状

 目が充血する、目が重い、目がごろごろする、涙がでる、まぶしい、ぼやける、かすむ

  • 体の症状

 肩こり、倦怠感、頭痛、吐き気、めまい

眼精疲労の原因

①目の病気

近視・乱視・老視

  • ピントを合わせるとき、毛様体筋が緊張した状態になります。

  • この緊張した状態が続き、筋肉がうまく動かない状態になり、まぶしかったりかすんだりします。

  • コンタクトレンズやめがねが合っていないために眼精疲労が起こることもあります。

ドライアイ

  • 目の表面に傷がついている状態なので、焦点が合いにくく眼精疲労を起こします。

斜視・斜位

  • 両目の視線を合わせようと努力するため目に負担がかかり、眼精疲労を起こします。

白内障

  • まぶしかったり、だぶって見えたりするため、眼精疲労をおこします。

②からだの病気

  • 更年期障害、自立神経失調症、インフルエンザ、耳や鼻の病気でも眼精疲労がおこります。

③精神的なストレス

  • ストレスが強くなると、精神的な症状として体に現れますが、眼精疲労も影響が現れることがあります。

眼精疲労の治療について

①目の病気からくる眼精疲労

  • 毛様体筋の緊張を取ったり、改善する点眼薬を処方します。コンタクトレンズやめがねが合っていない場合は、ライフスタイルに合わせた、適した度数のものに変更します。

②体の病気、精神的なストレスについて

  • 体の病気の治療、ストレスの原因となってる原因と取り除く

眼精疲労は、目の問題だけではなく体の問題が影響していることがあります。
ただの目の疲れと放置せず、早めに眼科を受診しましょう。

診察を受けられる施設

  • お茶の水・井上眼科クリニック
  • 西葛西・井上眼科病院
  • 大宮・井上眼科クリニック

 

眼科ドックお問い合わせ

眼の病気の早期発見や予防のために自覚症状が無くても、40歳を過ぎたら年に1回程度、定期的に眼科ドックを受けることをお勧めします。

眼疾患の早期発見・予防のために眼科ドック


眼のトラブル