ロービジョンの方への対応

眼鏡をかけても見えにくい、日常生活に不自由のある方に対し、補助具の紹介・選定を行っています。ご興味のある方は、来院時に担当医または検査員に声をお掛けください。

選定は予約もおとり出来ます。また、拡大鏡、遮光レンズは貸出も行なっておりお試し頂くことが可能です。

老眼鏡を使っても、新聞や本といった手元の文字が見えにくい

拡大鏡(ルーペ)

拡大鏡(ルーペ)

見るものを拡大して読み書き等を行いやすくするものです。
用途の違いにより様々な種類があり、視力や視野に応じて適切な倍率やタイプが選べます。

拡大読書器

拡大読書器

見たいものをカメラの下に置くと、拡大された像がテレビ画面に映し出されます。
拡大率を自由に変えることができ、眼鏡やルーペでは見えなかった方でも読書が可能になることもあります。
携帯型もあります。

眩しさが気になり、生活に支障がある

遮光レンズ

遮光レンズ

眩しさの原因となる特定の光(波長)を効果的にカットする特殊なレンズで、一般のサングラスとは異なります。
眩しさを取り除くことで物体の輪郭をくっきりさせ、コントラストを高めます。

駅の料金表など離れたものが見えにくい

単眼鏡

単眼鏡

単眼鏡は数少ない遠方視用の補助具です。小さい望遠鏡のような物で、焦点を合わせることで遠方から中間距離、眼前30センチまで見ることができます。
ピントを合わせるのに技術を要するので、使いこなすには練習が必要です。

便利グッズのご紹介

便利グッズのご紹介

当院では、見えにくい方や日常生活に不便がある方に、便利グッズの紹介をしております。井上眼科病院内に展示していますので、御自由にご覧いただけます。
ご興味のある方や詳細をお知りになりたい方は、来院時検査員に声をお掛けください。

当院の取り組み