基本理念・方針

基本理念

・患者さま第一主義
患者さまの立場を考えて診療を行う
・実証医学(EBM)に基づいた検査と治療
眼の病気について眼科学の基本に基づいて検査し、その原因を追究して治療する
・「眼」の総合病院の確立
眼に関するすべてのことを取扱う、「眼」の総合病院を確立する
基本理念

基本方針

  • 患者さま第一主義の徹底的実践
  • 地域医療と病診連携の充実
  • 都心にある眼科専門病院の特異性への対応
  • 患者さま向けの情報提供と相談の充実

患者さまの権利と責任

  1. 1.自分の病気・治療の内容を知る権利(セカンド・オピニオンを含む)
    病名、症状、検査結果、予後、診療計画、処置や手術、薬の名前や作用・副作用などについて、納得できるまで説明を受ける権利。
    他の医師の意見(セカンド・オピニオン)を、聞くことができる権利。
  2. 2.治療方法や検査を選択・拒否する権利
    納得できるまで説明を受けた後、医療従事者の提案する診療計画などを自分で決定する権利。
  3. 3.自分の情報が保護される権利
    個人の秘密が守られる権利および私的なことに干渉されない権利。
  4. 4.自分に必要な情報を知る権利
    病気やその療養方法および保健・予防・福祉などについて学習する権利。
  5. 5.いつでも人格が尊重され、必要かつ十分な医療サービスを平等に受ける権利
  6. 6.患者さま自らが、医療従事者と共に力を合わせて、これらの権利をまもり発展させる責任

Hospitality(ホスピタリティー)の実現

優しく、わかりやすい病院空間づくり

眼の見えづらい方、体の不自由な方、お年寄りやお子様など、さまざまな方が安全に安心して通院、入院できるよう、誰もが使いやすいユニバーサルデザインを導入。サインや案内表示、通路照明など移動しやすい快適な病院空間づくりをしています。

当院グループについて