• ホーム
  • 手術について
  • 日帰り白内障手術/日帰り涙道手術/日帰り眼瞼手術

日帰り白内障手術/日帰り涙道手術/日帰り眼瞼手術

日帰り手術は、日常の生活のリズムを変えずに手術ができるため、家事や仕事の忙しい方、入院生活が心配という方におすすめです。ベッド代がかからないため入院より費用が安いのも特徴です。当院では、日帰り手術が適応となる患者さまに白内障手術と涙道手術、眼瞼手術を行っています。

日帰り白内障手術について

手術内容

一般的には、濁った水晶体を取り除き、代わりとなる人工のレンズ(人工水晶体。眼内レンズともいいます)に置き換える手術(眼内レンズ挿入術)が、多く行われています。これは、短時間ですむ手術ですので、多くの場合局所麻酔のみで行います。

日帰り涙道手術について

手術内容

涙腺から出た涙は、目の表面を潤した後、目頭に開いた涙点から涙小管→涙嚢→鼻涙管を経て鼻内へと流出しますが、この鼻涙管が狭窄・閉塞した場合の治療として、涙嚢と総鼻道との間に新たな涙の通り道を作る涙嚢鼻腔吻合術という手術を行います。局所麻酔で手術の痕もごく小さなものになります。

日帰り眼瞼手術について

手術内容

眼瞼下垂では、局所麻酔(小児では全身麻酔)のもとに、二重まぶたやシワなどの線に沿って皮膚を切開し下がった瞼を挙げるため、眼瞼挙筋というまぶたを持ち上げる筋肉を短縮する手術を行います。必要に応じて、一部の皮膚や目を閉じる筋肉を切り取ったり二重まぶたにすることがあります。瞼が内側にめくれ込んでしまう眼瞼内反では、弛緩した皮膚の部分切除などがおこなわれます。眼瞼手術は原因や程度により事情が異なりますので、担当医とご相談ください。

手術の流れ

1手術前検査
問題なく手術を行えるかを調べたり、白内障手術の場合は患者さまの眼にあった眼内レンズを選んだりするために、手術前にいくつかの検査が必要です。
通常の視力、眼圧の検査のほか、角膜内皮、血圧、血液検査、心電図(必要な方のみ)、散瞳検査(指示がある方のみ)、眼内レンズ関連の検査(白内障手術の場合)などを行います。検査の所要時間は2~3時間ほどです。
2手術3日前
感染予防のために、処方された点眼薬を開始します。
3手術当日
受付
おひとりが不安の方は付き添いの方とご一緒にお越しください。
手術前の視力検査・診察
手術前の処置、および担当医師による診察を行います。
手術
休憩(約30分)
手術前室でお休みいただきます。
会計
会計後、翌日の診察時間などを確認し、ご帰宅となります。
4手術翌日
担当医師による診察を行います。
手術について
  • 日帰り白内障手術/日帰り涙道手術/日帰り眼瞼手術