グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



涙道外来


診療のご案内

 涙目(「流涙症」)とは、涙が流れ出て、溢れてしまう状態のことをいいます。涙は目の表面に分泌されたあと、大半が涙点から涙小管、涙嚢、鼻涙管を通って鼻腔に涙が排出されます。
 この涙の通り道を「涙道」と呼び、この涙道が何らかの原因で狭くなったり詰まることで(涙道狭窄・閉塞)、流涙症を引き起こします。また、涙道に異常がなくても、眼球に傷があったり、結膜のたるみ(結膜弛緩症)などでも流涙症が生じるケースがあります。
 涙道外来では、涙管通水検査(涙道に水を通して流れを確認する検査)や、道内では珍しい「涙道内視鏡」で涙道の状態を直接観察し、より詳しく流涙の原因を調べていきます。適切な治療により症状が改善されることが多いので、涙目でお困りの方は是非ご相談ください。

お気軽にご相談ください

  • 涙が頻繁に流れ落ち、常に拭かなければいけない状態の方
  • 涙で目の周りが涙で荒れてしまう方
  • 他院で点眼治療を受けているが涙や目やにが改善しない方

担当医師

  • 清水 恒輔(しみず こうすけ):札幌・井上眼科クリニック 院長

診療時間

午後 木曜日 14:00~16:00
- - - 清水 - -

ご予約方法

お電話での予約・お問い合わせ

【月~金】9:15~12:30/14:00~17:30
【土曜日】9:15~12:30(休診日を除く)

予約に関するご注意
  • 希望日の4ヵ月前から前日まで予約をお受けしています。
  • 受診当日は予約をお受けできません。また、直前の予約はご希望日をお取りすることが難しい場合がございます。

page top