涙道外来

流涙症(涙目)は、日常的に涙を拭うようになる、涙で視界がぼやけるなどの症状がでます。
本来、鼻に抜けていく涙の通路(涙道)が狭くなる、つまるということで起こる病気です。道内では内視鏡を用いた治療を行っている施設が少ないですが、当クリニックでは「涙道内視鏡」を使用した、日帰り手術を行っております。
麻酔は局所麻酔を使い、内視鏡で観察しながら手術をするため合併症が少なく、より確実な治療が可能です。また、治療と症状の程度に合わせて最善の方法をご提案いたしますので、お困りの方はご相談ください。

一般眼科・専門外来