角膜・ドライアイ外来

診察にあたって

本外来では、角膜疾患およびドライアイの診断および治療を、角膜・ドライアイを専門とする医師が行います。
角膜疾患としては、角膜感染症、角膜混濁、水疱性角膜症、遺伝性角膜変性症、円錐角膜、角膜外傷など、様々なものがあります。角膜専門医による適切な診断により、迅速で的確な治療をご提案することが可能となります。過去に角膜疾患と診断されたものの「治らない」といわれ、症状を我慢し続けている患者さまであっても、医療の進歩により治療が可能かもしれません。角膜疾患で気になることがあれば、ぜひご受診ください。
スマホ、PC、テレビ、大気汚染など、現代人を取り巻く環境の変化により、ドライアイ患者数が増加しています。ドライアイの患者さまは国内で1,000万人程度いると推定されており、ドライアイは国民病とも言える病気です。ドライアイに対する治療・対応法としては、日常生活での指導、点眼治療(人工涙液、ヒアルロン酸製剤、涙液・ムチン分泌促進製剤)、涙点プラグ、涙点焼灼などがあります。本外来では、患者様のドライアイの原因、重症度に応じた治療法のご提案を、ドライアイを専門とする医師が行っております。ドライアイでお困りの患者様はぜひご受診ください。

一般・専門眼科外来