HOME > 専門外来について > 黄斑外来

専門外来について

黄斑外来

診察にあたって

加齢黄斑変性を中心に、近視性新生血管黄斑症、特発性脈絡膜新生血管黄斑症、網膜静脈閉塞症や中心性漿液性脈絡網膜症による黄斑浮腫など、網膜の中心部である黄斑部の疾患を診療しています。
蛍光眼底造影検査(HRAを使用)や網膜断層撮影(OCTを使用)を行い、診断を確定し、抗VEGF薬であるルセンティス、アイリーアなどの硝子体注射による治療や光線力学療法(PDT)を行っています。
また、網膜色素変性や錐体ジストロフィーなどの遺伝性網膜変性疾患、および他の網膜疾患や脈絡膜疾患の診療も行っています。

専門外来は担当医師による予約が必要となります。
初めて来院される方(初診の方)は、担当医となった医師にご相談ください。

担当医師 井上 裕治 医師
自治医科大学 眼科 講師

page top