HOME > 専門外来について > 小児眼科外来

専門外来について

小児眼科外来

診察にあたって

小児眼科外来では、新生児より小児期まで種々の眼疾患を専門的に診断し治療にあたっています。この時期に最も多く見られるのは、近視、遠視などの屈折異常、そしてそれによる弱視、または内斜視、外斜視などの眼位異常です。乳幼児期から小児期の患者さまを診療するに当たり最も重要なことは、早期発見、早期治療であり、治療時期が早ければ早いほど、最終的に良好な治療結果が得られます。

小児眼科外来の目的はこのような屈折異常、眼位異常を有する患者さまに対して、できるだけ早く正確な診断をして、適切な治療を行い、視覚的ハンディキャップを最小限にして、社会で活躍できるようにすることです。多くの場合、治療は年単位となりますが、同じスタッフが継続し密接な連携を持ってお子様の視力の成長を見守ります。

小児眼科外来 受診のご案内

page top