白内障手術について

手術内容

成熟白内障の写真
成熟白内障の写真

白内障によって濁った水晶体を取り除き、代わりとなる眼内レンズ(人工水晶体)に置き換える手術が、多く行われています。
眼内レンズを入れる手術には「超音波乳化吸引術」と「水晶体嚢外摘出術」の2種類があり、一般的に多く行われているのは「超音波乳化吸引術」です。
超音波乳化吸引術では、濁った水晶体を超音波で分割、取り除き、眼内レンズを挿入します。傷口が小さく安全性が高い手術です。
水晶体嚢外摘出術は水晶体の濁りが悪化している場合など水晶体を取り除くことが難しい場合に行う手術です。

眼内レンズについてーライフスタイルに合ったレンズを選ぶー

いったん眼の中に入れたレンズはメンテナンスをする必要がなく、長期間透明な状態を維持し、不具合がなければ生涯使用することが可能です。
眼内レンズは水晶体のように厚みを変化させてピントを合わせることができないため、手術後のライフスタイルを考えて、適したレンズを選ぶことが大切です。

単焦点レンズ

遠く、または近くの1箇所にピントを合わせます。

読書やスマートフォン、パソコンなど近くを見ることが多い人は近くに焦点を合わせる眼内レンズを挿入し、遠くをみるときは眼鏡(老眼鏡)が必要になります。
スポーツや車の運転など遠くを見ることが多い方は遠くに焦点を合わせる眼内レンズを挿入し、近くをみるときには眼鏡が必要となります。

多焦点レンズ

一つにレンズに遠近両方のレンズが組み込まれ、二箇所にピントを合わせます。

単焦点レンズと比較して、眼鏡をかける必要が少なくなります。
見える範囲は広くなりますが、ピントがあまく慣れるまで多少違和感があることがあります。

高機能多焦点レンズ

一つにレンズに遠近両方のレンズが組み込まれ、二箇所にピントを合わせます。

見える範囲が広く、より鮮明に見えるレンズです。
乱視がある方も完全オーダーメイドの乱視矯正が可能です。
独自のレンズ構造により夜間に見る光のにじみやまぶしさが少ないのが特徴です。

  • 単焦点眼内レンズ
    単焦点眼内レンズ説明

  • 多焦点眼内レンズ
    多焦点眼内レンズ説明

  • 高機能多焦点眼内レンズ
    高機能多焦点眼内レンズ説明

入院期間

手術そのものに関しては、入院してもしなくても同じ術式ですので、入院の必要は殆どありません。
ただ、手術の日は、片眼に眼帯をしたまま家に帰らなければならない点や、次の日に必ず来院しなくてはいけない点を考えると入院した方が便利といえます。
入院の場合は1~3日が目安です。
但し当院より1時間以内のところに住んでいて頻繁に通院できる方で、入院の出来ない方は日帰りでの手術を実施しています。
日帰りの手術の適応については、担当医師と御相談ください。

日帰り白内障手術について

以下の適応基準を満たしている方は日帰り白内障手術が可能です

  • 日帰り手術を理解し、希望されていること。
  • 当院で行われている日帰り手術の対象となる病気であること。
  • 手術後の合併症が最小限であると予測されること。
  • 自宅が遠距離でなく来院、帰宅時に付き添える家族等がいること。

メリット

  • 日常の生活のリズムを変えずに手術ができるため、家事や仕事の忙しい方、入院生活になじめないお年寄りにも好評です。
  • 費用が通常の入院より少し安くなります。
  • 早期の社会復帰が可能となります。

入院費用

白内障手術(日帰り)

3割負担の方で5万円程度(片眼・食事代含)を目安にされてください。

※金額は保険適応の単焦点眼内レンズを用いた場合の、片眼の費用の目安です。症状の程度によりまして手術時の注射や薬剤等が変わりますので多少前後します。

白内障手術(入院)

3割負担の方で8万円程度(片眼・食事代含)を目安にされてください。

※保険適応の単焦点眼内レンズを用いた手術の場合、入院されるお部屋や手術内容等によって変わります。
室料差額は別途加算されます。

手術について