HOME > 外来について > 特別外来

外来について

特別外来

若倉名誉院長の得意とする神経眼科・心療眼科や、眼科難病疾患では、時間をかけて患者さまのお話を聞く必要があります。また、各地からセカンドオピニオンを求めて来院される患者さまの場合、持参データの解析や診察に時間がかかります。さらに、そうした複雑な患者さまへの説明にもある程度時間が必要です。これを一般予約で行いますと、不十分になりがちであり、また、もし一人にあまり時間をかければ、他の患者さまの待ち時間が増えて、迷惑をかけることになります。そこで、予約数を制限して、ひとりひとりの診察時間がある程度余裕をもって取れる、特別・相談外来を、井上眼科病院に新設しました。なお、この外来には、予約料が別途かかります。

特別外来の特徴について

  1. 待ち時間の短縮
  2. 比較的余裕のある診察時間、説明時間

page top

予約について

完全予約制となります。下記までお電話をいただき、特別外来予約とお申し出下さい。

電話番号 03-3295-0911

page top

予約料金について

予約料:4,000円 が1回の来院につき必要となり、会計時加算されます。

予約料 4,000円(1回)

page top

若倉 雅登 医療法人社団済安堂 井上眼科病院 名誉院長

医療法人社団済安堂 理事長・お茶の水・井上眼科クリニック 院長 若倉 雅登

東京都出身。専門分野は、神経眼科、心療眼科。視神経炎、レーベル病など視神経や眼球運動の異常を専門とし、最近は眼瞼痙攣や抑うつによる眼の異常など、他施設で扱いにくい病気の紹介が多い。北里大学客員教授、東京大学非常勤講師。病院は身体の異常だけみればよいのでなく、ロービジョン者の社会、心理的支援もするべきと当院に「目の相談室」を立ち上げた。一般書「目は快適でなくてはいけない」「目力の秘密」「目の異常、そのとき」「健康は眼に聞け」や、当院で育った日本初の眼科女医を題材にした小説「高津川」を発表している。
日本眼科学会評議員、Neuro-ophthalmology誌代表編集委員、平成17年4月より日本神経眼科学会理事長、アジア神経眼科学会会長。同年11月には増上寺にて国際神経眼科学会を開催した。

1976年 北里大医学部卒
1980年 北里大学大学院医学研究科 博士課程修了
1982~1986年 北里大眼科専任講師
1986~1988年 グラスゴー大学シニア研究員
1988~1991年 北里大眼科専任講師
1991~1999年 北里大医学部助教授
1999~2002年 医療法人社団済安堂 井上眼科病院副院長
2002~2012年 医療法人社団済安堂 井上眼科病院院長
2012年 医療法人社団済安堂 井上眼科病院名誉院長

page top