屈折矯正手術(レーシック)

手術内容

LASIK(レーシック)

  • 厚生労働省の認可を受けているフェムトセカンドレーザーという機器を使用し、角膜を薄く削り角膜の蓋(フラップ)を作ります。
  • レーシックは、フラップを作成して角膜にエキシマレーザーを照射することで、角膜のカーブを変え、視力を回復させる術式です。
  • 特徴としては、手術後早期より視覚が比較的よく見えることです。
  • 格闘技をされる方や角膜の薄い方には適しません。
  • 点眼麻酔をします。

    1点眼麻酔をします。

  • フェムトセカンドレーザーで均一な厚さのフラップを作ります。

    2フェムトセカンドレーザーで均一な厚さのフラップを作ります。

  • エキシマレーザーを照射し、近視、遠視や、乱視を矯正します。

    3エキシマレーザーを照射し、近視、遠視や、乱視を矯正します。

  • フラップを元に戻し自然に接着させます。

    4フラップを元に戻し自然に接着させます。

PRK

  • レーザーが当たる部分の角膜上皮を剥がしたあとに、エキシマレーザーを照射します。最後に保護用のコンタクトレンズを装用して手術は終了です。
  • レーシックとの違いは、角膜を薄く削って角膜の蓋(フラップ)を作らず、角膜上皮のみをはく離します。角膜が薄い方や格闘技をされる方にも適応します。
  • 点眼麻酔をします。

    1点眼麻酔をします。

  • 角膜上皮をはく離します。

    2角膜上皮をはく離します。

  • エキシマレーザーを照射し、近視、遠視や、乱視を矯正します。

    3エキシマレーザーを照射し、近視、遠視や、乱視を矯正します。

  • 保護用のコンタクトレンズを装用します。

    4保護用のコンタクトレンズを装用します。

ICL(アイシーエル)手術

  • ICL(アイシーエル)は、水晶体を残したまま眼球の中にレンズを挿入する屈折矯正方法です。レーシックとは異なり、角膜を削る必要がないので、強度近視の方、角膜の薄い方でも矯正が可能です。いったん眼の中に入れたレンズはメンテナンスをする必要がなく、長期間透明な状態を維持し、視力も長期的に安定すると言われています。ただし、眼内の手術なので、合併症などのリスクを避けるため、確かな技術をもつ医師のもとで、手術適応を見極めることや術後管理をすることがとても重要です。

手術の手順

  • ICL(アイシーエル)

    1点眼麻酔をして角膜を約3mm切開します

  • 切開部分からICLを挿入します

    2切開部分からICLを挿入します

  • 虹彩と水晶体の間にICLを埋め込みます

    3虹彩と水晶体の間にICLを埋め込みます

手術の必要性について

手術の必要性については、担当医師にお尋ねください。

入院期間

どの手術も入院の必要はありません。

手術について