虚血性視神経症

虚血性視神経症とは

眼球の中の網膜で捉えられた視覚情報は、眼球から後方にのびる視神経を通じて大脳にある視覚中枢へ情報が送られます。

虚血性視神経症とは、視神経を栄養する動脈の循環障害により発症する疾患です。

 

虚血性視神経症の症状

比較的高齢者に突然おこる急激な片眼の視力低下・視野欠損で発症します。非動脈炎性では、目の奥の痛みはありませんが、動脈炎性では、全身の血管の炎症を伴っているため、

頭痛や発熱、全身倦怠感や咀嚼通、側頭動脈の痛みなど全身症状などを伴うことが多いとされています。

原因

非動脈炎性と動脈炎性があります。非動脈炎性は高血圧・高脂血症・糖尿病などの基礎疾患を背景とすることが多く、視神経乳頭が小さい人におこりやすい傾向があります。

動脈炎性は、炎症により血管が閉塞により発症し、側頭動脈炎や膠原病を伴うことが多く、非動脈炎性よりも高齢者に多くみられます。

動脈炎性は視力障害が重篤であり、短時間に反対の眼にも発症することから、早期の診断・治療が必要です。

検査および診断

虚血性視神経症の診断には、「視力検査」「視野検査」「眼底検査」のほか、MRI検査や血液検査、蛍光眼底造影検査などが必要です。

動脈炎症か非動脈炎症かは、血液検査で赤血球沈降速度の亢進の有無を調べます。

視神経の他の病気(視神経炎、中毒性視神経症、圧迫性視神経症、鼻性視神経症)などを鑑別し虚血性視神経症と診断します。

治療について

動脈炎性では、短時間のうちに反対側にも発症し、両眼失明してしまうこともあるため、早期に診断士、副腎皮質ステロイド薬の点滴治療を行なう必要があります。

非動脈炎性の場合は、抗凝固療法やビタミン剤内服などの治療を行ないます。

診察を受けられる施設

  • お茶の水・井上眼科クリニック
  • 西葛西・井上眼科病院
  • 大宮・井上眼科クリニック
眼のトラブル