甲状腺眼症

甲状腺眼症とは

甲状腺に関連する自己免疫疾患で、眼球周辺の脂肪や外眼筋に炎症を起こす病気です。甲状腺機能亢進症がなくても、甲状腺自己抗体を持っていると発症する可能性があります。内科的な治療の経過と甲状腺眼症の経過は必ずしも一致しないので、甲状腺の治療とは別に甲状腺眼症の治療を行なっていく必要があります。

甲状腺眼症の症状

眼球突出、眼瞼浮腫、眼瞼後退、球結膜の充血、眼球運動障害、複視、視力低下などがあります。症状は、午前中に強い傾向があります。

原因

甲状腺に関連する自己抗体が眼瞼や眼窩の脂肪組織や外眼筋に炎症をおこし、外眼筋炎や脂肪増大などをきたし、眼球突出や眼瞼浮腫が起こったり、外眼筋に炎症を起こし眼球運動障害、複視、視力障害、眼瞼後退などの症状が出現します。

甲状腺眼症を増悪させる因子としては、ストレス、飲酒、喫煙があげられます。

治療

甲状腺眼症の急性期には、副腎皮質ステロイドの点滴治療や内服、局所投与を行ないます。また、副腎皮質ステロイド治療と平行して放射線治療を行なう場合もあります。

急性期が過ぎて慢性期になっても斜視が残存したり、眼球突出が出現する場合は、手術的に治療を行なうこともあります。

診察を受けられる施設

  • お茶の水・井上眼科クリニック
  • 西葛西・井上眼科病院
  • 大宮・井上眼科クリニック
眼のトラブル